赤外線診断

平成20年4月1日より定期報告の法律(建築基準法第12条)が改正され「定期報告制度」が厳格化されました。


改正前

●手が届く範囲での打診 + 目視での診断

●異常があれば所有者などに注意喚起を行う。

改正後

●上記診断に加え、専門技術者による外壁全面打診等の検査

●調査結果を特定行政庁に報告する。

※定期報告を怠ったり、虚偽報告を行った場合、罰則(100万円以下の罰金)対象となる。

赤外線を利用するメリット

赤外線による外壁診断は、赤外線サーモグラフィから得られる温度分布データを解析することにより、目視では判断しづらい建築物の外壁の浮き、雨漏りなどを非破壊にて確認することができます。

また、赤外線装置を搭載したドローンでの計測は、高高度での非接触・非破壊計測を行うことも可能です。

加えて、赤外線装置で定期的に診断・撮影することで外壁のカルテ(履歴)となり、重複工事の防止や修繕計画書の作成に役立ちます。

赤外線診断と打診診断の特徴比較

調査フロー

事前調査

現地予備調査・打ち合わせ

現地撮影

画像解析・診断

調査報告書作成

測定対象外壁材

以下のタイルは赤外線の特性上計測が不可となります。

・鏡面タイル・ラスタータイルなどのような光沢のあるタイル

・深い凹凸のある仕上げのタイル


また、以下は赤外線診断でも打診診断でも劣化判断が不可となります。

・団子張りタイル(湿式工法)

・金具併用モルタル張り

・金具併用接着剤張り

・金具留め・引掛け・PC板先付工法


お問い合わせ先:050-7117-7141
またはinfo@tokaiair.com(メール)